格調高い、「真多呂」ブランドの木目込雛人形は、百年以上前から今日まで続いているわが国の伝統的技術や技法で作られたものです。
いつの時代も変わらず、良い素材と伝統的スタイルを守り受け継がれる、高品質ひな人形です。
※「真多呂」は、木目込み人形唯一の正当伝統者として京都・上賀茂神社より認定を受けております。
数々の工程を重ね、職人の丹精こめた技から生まれる雅やかな逸品は、伝統工芸品として高い評価を得ています。

【サイズ】間口(横幅)29×奥行16×高さ28(cm)



※30000円以上のお買い物で全国送料無料、代引き手数料無料になります。

■お届け日時

※お届けまでに数日〜2週間程度のお時間を頂いております。

人形工房天祥からのお知らせ

■免責事項

※雛人形は手作り品のため、多少の色ムラや細かいほつれがあることをあらかじめご了承下さい。
※雛人形は、一点一点が手作りです。同じ生地を使いましても、模様の出方によって雰囲気が変わる場合がございます。予めご了承下さいますようお願い申し上げます。
※商品画像はなるべく忠実に撮影しておりますが、モニターなどによって、異なる場合や、また、天然素材を使いますので、木目や風合いは異なる場合がございます。
※商品は豊富に用意しておりますが、時節により、万一完売の際はご容赦下さいませ。

おすすめポイント!ひな人形・お道具・台屏風など全てにおいてクラス感を追求した、“真多呂作”ならではの、伝統的スタイルの高級ひな人形飾りです。
また、木目込みの王様といわれる「真多呂」ブランドの安定した品質からも、若いご夫婦世代だけでなく、お祖父様・お祖母様方もご納得される逸品です。
さらに、伝統的工芸品の振興に関する法律に基づいて経済産業大臣により指定された、「伝統的工芸品 認定商品」ですので、素材やつくりには、自信をもってお薦めできる逸品です。
上品質なひな飾りは、初節句にはもちろん、お子様が成長されても飽きがこなくて永く飾り続けることが出来ます。



★★雛人形・五月人形の販売サイト【工房天祥】★★https://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/カタログ請求・クーポンが利用できます。https://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/fs/kouboutensho/c/catalog

厳しい基準をクリアした経済産業大臣認定の、「真多呂作・伝統的工芸品」

雛人形 2019年新作 真多呂作 木目込み人形 古今立雛シリーズ 立雛 花山立雛セット

APP DIVE発起人のプレイドの太田(オオタ)です。社内からはTedと呼ばれています(笑)PLOG2回目の投稿です。

前回大好評いただいたAPP DIVEの第二回目開催を行いましたので、こちらのPLOGにてご報告します!(イベント速報レポートを書いた方がたくさんいらっしゃったにも関わらず、公開がすごく遅くなり申し訳ございません…!)

前回の開催については以下PLOGをご覧ください。

APP DIVE〜急成長アプリの「しくじり」から学ぶユーザー視点のプロダクト改善とは〜を開催しました #APPDIVE

マーケティングチームの川久保です。

CX DIVEの統括をしていますが、いよいよCX DIVE 2019 AKI開催が今週となりました。毎回、企画の熱量を参加者に伝えきれていないと思うCX DIVEなので、ここで今回の見どころをご紹介します。

まずは前回に参加されていない方は、前回の振り返りを見てもらいたいです。

この動画のような雰囲気のイベントを今回も開催します。
続きを読む…

はじめまして。PLAIDで広報を担当している柏原です。
京都と聞くと、『ガメラ3』の最終決戦が純粋想起されるタイプの人間です。
『シン・ウルトラマン』、楽しみですね。

所在地: <大阪本社> 〒542-8525 大阪市中央区東心斎橋1-5-5

さて、先日発表したプレスリリースにある通り、PLAIDが京都大学と京都市観光協会の共同研究に参画することになりました。われらがKARTEは、ウェブサイトやアプリの訪問者の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、それぞれにあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現します。京都市観光協会が運営する公式ウェブサイト(京都観光NaviおよびKyoto Official Travel Guide)にKARTEを導入し、その活用を中心にして共同研究が展開されます。

続きを読む…

 APP DIVE発起人のプレイドの太田(オオタ)です。PLOG初投稿になります。

プレイドでは連日様々なイベントを行っております。
今回は7月10日に行いました、APP DIVE〜急成長アプリの「しくじり」から学ぶユーザー視点のプロダクト改善とは〜(以下、APP DIVE)の模様をお届けします。

エウレカ様、FiNC Technologies様、マネーフォワード様にご登壇いただき、第一回目の開催にも関わらず、多くの方にご参加いただきました。 続きを読む…

工進 清水用水中ポンプ ポンディ SM-525 50Hz

に最先端のCX(顧客体験)を学び、体験できるカンファレンス「CX DIVE 2019」を開催しました。

早いもので、開催からもう2ヶ月とちょっと。長い長いゴールデンウィークを挟んだので、遠い過去のように感じますが、まだ2ヶ月ちょっとですね。
2ヶ月の間、この振り返りを温め続けたのですが、そろそろ公開するタイミングとなったので、今さらですが振り返りを公開します。

今回も多くの方々に足を運んでいただき、深く濃くCXについての情報を浴びてもらいながら、CXについて考え、情報を発信していただきました。

当日ご来場いただきましたみなさま、登壇者のみなさま、展示にご協力いただいたパートナーのみなさま、運営パートナーのみなさま、改めてありがとうございました。

今回は、Marketing 兼 CX DIVE統括、そしてChief Food Manager(自称)の川久保(@kawatake)がイベントについて簡単に振り返りたいと思います。

(※振り返りたいことが多く、とても長い投稿になってしまったので、今後の展開が気になる方は「4.今後のCX DIVEについて」に飛んでいただくこと推奨です。)
続きを読む…

プレイドの橋谷(ハシタニ)です。PLOG初投稿になります。

プレイドではMeetupやTechイベントなど、さまざまな会を銀座オフィスの芝生で行っていますが、今回はウォンテッドリー様とプレイドのCustomer Successチーム同士で合同勉強会を行いましたので、その模様をお届けします。

きっかけは、2019年4月に行われたKARTE4周年イベントに遡ります。KARTEをご利用いただいているウォンテッドリー様とプレイド社員の間で、Customer Successについて語り合ったことが始まりです。

  • 自身の爪に塗布したイメージをAR(拡張現実)で再現できるようになりました
    ってめちゃくちゃ面白いと思うんだけど、他社は具体的にどんなことやってるんだろう?
  • KPIをどう設定するか、今ものすごく悩んでるんですよね
  • サポートサイトや動画コンテンツ、数値管理などでツールいっぱい使うよね。何使ってる?

こんな会話をしているうちに、

と一気に盛り上がったのが、この会の開催につながりました。
続きを読む…

コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス 4~5人用 170T14150J

ワッフルプレートも付属しているので様々なスイーツを作ることが出来ますダンロップテニスボールが「Davis Cup Finals by Rakuten」の公式球に採用|住友ゴム工業株式会社のプレスリリース
にて、弊社坂部とボルボ・カー・ジャパン株式会社の関口様が登壇し、パネルディスカッションを行っています。

VOLVOが実現する「人軸」でのデータ統合と、一人ひとりに合わせた体験の創出の重要性と実際の施策について、CX(顧客体験)の考え方とともにご紹介させていただきました。

D-bike dax / ディーバイクダックス ホワイトcostick LEDスワンフロート ナイトプールでインスタ映え抜群 光る浮輪 LED浮輪 ライト 白鳥 浮き輪

「Web担当者Forum ミーティング 2019 春」に弊社杉浦が登壇しました。アプリ体験向上のためのノウハウをKARTE for Appの最新事例ととも紹介しています。

続きを読む…

MarkeZine Day 2019 Springに、KARTEを活用いただいているストライプインターナショナルの榎本様と弊社坂部が登壇しました。

続きを読む…

エンジニアのgamiです。10月上旬入荷予約販売/ リトルタイクス アンカーアウェイ パイレーツシップ 砂場 水遊び バルコニー Littletikes 628566 /配送区分Aです。

新元号が「令和」に決まりましたね。

さて、新元号発表がされる2日前の(土)、PLAIDでは第一回目となるハッカソンを開催していました。今後は社外の人も巻き込んでやってみたいですが、まずは社内のメンバー約10人で集まってワイワイと開発をしました。

室内鯉のぼり 村上鯉 鯉のぼり掛軸 小 室内鯉飾り こいのぼりプールFill N Fun Snapset 72" Diameter Kiddie Pool

ハッカソンとは、まとまった時間を取ってテーマに沿った何かをチームで開発するイベントです。今回のハッカソンに期待した効果は、「単純に楽しそう」ということ以外には、以下でした。

  • アウトプット機会を増やす
  • 普段の業務で関わりの薄いメンバーと交流する
  • イノベーションのタネを創出する

続きを読む…